今年の手帳

エクセルで自作したリフィル

スケジュール帳。

これは毎年毎年何をどう使おうか非常に迷います。色々試してみるけれど、どうもしっくりこないのか、年の途中で投げ出してしまう。

ノートタイプのものから、バイブルサイズのシステム手帳まで色々使ってきたのですが、やはり落ち着くのはA5サイズ。でも分厚くなるのはイヤ。カスタマイズ出来た方が楽しいーーということで、システム手帳は外せない。そしてちゃんと一年を通して使えるように……と考えた結果、リフィルは自作することにしました。

エクセルで自作したリフィル
エクセルで自作したリフィル

月間は絶対欲しかったのでブロックタイプのものをひとつ。市販の週間リフィルは今ひとつ使い勝手が悪いし、ここが使わずに放置してしまう最たるものだったので、思い切ってなし。

でもブロックタイプにプライベートと仕事を一緒くたに書くのはわかりにくくなるし、けど別々にするとややこしいかも、と考えて、見開きで左はプライベート、右は仕事用となるようにしました。

仕事用はブロックではなく1日1行式に。これだと連続する予定も書き込みやすいので。

リフィル内容も去年色々試してみて、一番使い易い形を見つけましたv

そしてシステム手帳カバーは、去年東京伊東屋で一目惚れして思わず買ってしまった「ノックスブレイン(KNOXBRAIN)スチュワード」です。

ノックスブレイン(knoxbrain)スチュワード
ノックスブレイン(knoxbrain)スチュワード

写し損ねていますが、ポケットのファスナーが可愛かったり、質感が気に入っています。

ちょっと(いや、かなり……)懐的には痛かったのですが……まぁ、気に入ったんだし、折角東京まで来たんだし、これからしばらく使うんだし……と売り場で1時間近く商品の前でうろうろうろ、と悩んだあげくに購入しました。

ノックスブレイン
http://www.knox-japan.jp/lineup/steward.html

こうやって今年はお気に入りの手帳を使っています。

使い出すと、もっと手帳を使いこなそう、ToDo管理なんかもして、色々きちんとやりたいな〜とやり始めるとですね、上記リフィルにはToDoまで書き込めないんですよ。しかもToDoはごちゃごちゃごちゃっとなるのがわかりきっていたので、思い切って別ノートにしよう、でも日付とか毎日書き込むのは面倒だ(去年途中から試してみて)、どうせやるならちゃんと長く続けられる形でやらなきゃ!!ーーということで購入したのが、トラベラーズノートです。

トラベラーズノート 週間ダイアリー
トラベラーズノート 週間ダイアリー

バーチカルタイプの週間ダイアリーですね。

今までバーチカルタイプは敬遠していたんですけどね、時間別に区切るほど予定入らないですから。

でもこれを、罫線として扱うことにすれば、ほら、とっても素敵なToDoリスト(笑)

これだけ取り外して持ち出しても全然OKな状態でしょ。大事な予定は日付下に書き込めるスペースもありますしね。

トラベラーズノート
http://www.midori-japan.co.jp/tr/

この状態で今年が終わる頃には、どんか感じになっているでしょうか。リフィルをまた編集したりすることになるのかな〜。それも楽しみです。

ぺんてる KAREN C3

ぺんてる KAREN C3

ぺんてる KAREN C3
ぺんてる KAREN C3

数年前から気に入って使用しているボールペンがあります。

このシリーズは2色、3色、4色とあるようですが、私は3色のものを使用しています。

3色ボールペンなのに軸が細身で、ペン先の太さも0.5mmがあったのが決め手。書き味も気に入っています。

http://www.pentel.co.jp/newproduct/karen/index.html

職場には青色軸のものを置いていて、どこで文字を書くのもこれを使用するゾ、という態勢(笑)

こちらの替え芯が、近くの文房具店にはなくて、しかも商品までなくなっていたり、東京に行った際に寄った「伊東屋」でも取り扱っていなくて「もう店頭から消えた!?」と慌てたのですが、地元神戸の「ナガサワ文具店」に商品も替え芯も置いてありました。

商品の入れ替えは仕方ないですが、お気に入りのものがなくなるとショックですよね……

まだ商品が店頭に並んでいる間に、他の軸色のものも買ってしまおうかな〜、と企んでおります。

とりあえず

WordPressのテンプレートを自作しようと思ったら、いつまでたっても始められないので、とりあえず配布されているテンプレートでBlog開始。

こちらには最近の趣味となったクロスステッチや、大好きな文房具のことなどを書き留めていく予定です。

最近は周囲でBlogを始める人も増えてきたので、私も彼女たちに負けないよう、続けていけたらいいなと思います。ネタがなくなったなぁ……という困った事態がおきないことを祈りながら(笑)